世田谷区 ミュージックトゥギャザー Music Together Tokyo Setagaya-ku Meguro Shibuya Kanagawa Denentoshi line 幼児のための 英語 音楽 プログラム 目黒 渋谷 神奈川 田園都市線 

ミュージックトゥギャザー 赤ちゃん 幼児 のための 親子で楽しむ 音楽 英語プログラム

クラスの様子

日頃のApple Music Togetherクラスについてはブログでもご覧いただけます!
↓↓
Apple Music Togetherクラスのブログはこちら!

たくさんの魅力的な楽器たち。
こどもが、自分の意思でえらんで、好きなように使って、好きな時に楽器をかえることができます。 
画像の説明

さまざまな小道具を音楽にあわせて使えます。
本物のシルクのレインボースカーフ、のびのびゴムバンド、大きなパラシュート、さまざまな色のボール、こどもたちの大好きな 小道具ばかり。
画像の説明

とてもきれいな音色のリゾネーターベル、鈴も、その辺にあるものとは全く違う、考え抜かれている音色です。サンタさんがやってくるよう。大きな太鼓はたたき放題!からだ全体で、研ぎ澄まされた音色を感じます。楽器は米国から直輸入しています。
画像の説明

ときには、座って、ときには立って、ときには回って、ときには身体のおもむくままにダンス。こどもたちは動きを決して強制されることはありません。こどもが飽きるひまなく、こどもの心をとらえるのは、英語の歌詞とともに奏でられる音色たち。
画像の説明


米国でのクラスの様子はこちらをご覧下さい。
↓↓
(表示されるまでに5秒程度かかります。)

Music Together Family Classes from Albert Kahn on Vimeo.

 ♪ Hello Song ♪ (歌本の解説(日本語訳)より)

このとっても覚えやすいメロディーはみんなのお気に入り!
子ども達は名前を使った歌遊びが大好きです
お子さんのお名前の他に、お友だち、親戚、人形の名前などを入れて歌ってみましょう。

リズムに合わせて優しく体を揺らし、お子さんが体だけではなく視覚的にも拍子を感じとれるようにしてみてください。

朝起きた時の「おはよう!」や、外から帰ってきた時の「おかえりなさい」のようにお子さんへの挨拶としてこの楽しい歌を歌う習慣を作ってあげるといいですね。

♦ バリエーションとして
各フレーズの終わりにスカーフや新聞紙などの後ろからバっと顔を出して、「いないいないばあ遊び」の要素を取り入れても楽しいですね。

お客さまがいらした時にこの歌で迎えたり、パーティーや家族での食事の時に歌うのはどうでしょう。

♦ 年齢の高い子どもたちと
年齢が高い子供たちはユーモアに満ちた遊びが大好きです。いろいろな物を指しながら「靴にHello、スプーンにHello、鼻にHello so glad to see you」と歌ってあげ、次にお子さんに「Hello」と歌うものを探してもらうと楽しいですね。

また、わざと名前を間違えて歌い、違うことを指摘するお子さんにお手本を歌ってもらいましょう。お子さんは大喜びしながら、歌ってくれるはずです。この年齢の子供たちはそんな遊びが大好きなのです!

♦ 赤ちゃん・幼児期の子供たち
赤ちゃんは視界の中で顔、特に口に焦点を合わせます。歌ってあげる時には、歌のリズム、表情、感情、そして息使いまでもお子さんが感じ取れるように、よりそって顔を近づけてみましょう。

またひざの上で抱っこして上半身をやさしく左右に揺らしながら歌うのもいいですね。

「ただいま」や「おかえり」の時には特別に数回繰り返して歌い、ひざの上での音楽を通したコミュニケーションを楽しんでみてください。

このような習慣を持つことで、子ども達の音楽能力の発達を促すともに、日常生活の中で音楽的表現を自然に身につけていくことができるでしょう。 

Glad to see you は日常のあいさつとして頻繁に使われる表現で「会えてよかった」という意味合いです。 

CD で使われている楽器: ギター、コントラバス、シェーカー、リズムスティック

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional